俳句会|天穹俳句の活動内容

活動内容

「天穹俳句会」は、年間を通じて次のように広範囲な活動を行っています。

月刊誌「天穹」発行

月刊誌「天穹」+クリックで拡大天穹俳句会の機関誌として毎月発行されます。会員の作品発表、吟行会の報告、会員紹介、俳句の歴史についての連載、添削のページ、支部での活動、会員間の情報交換、等々内容は盛り沢山です。会員となることにより毎月自宅へ郵送されます。


各支部の月例句会

天穹俳句会には、函館から台北まで40あまりの支部があり、各支部ごとに場所・日時を決め、月例の句会や勉強会を開催しています。入会希望の方には、お問い合わせ頂ければ、ご都合に合致する支部をご紹介させて頂きます。

本部主催吟行会

原則として毎月1回、日曜日に本部主催の吟行会を開催しています。場所は、東京および東京近郊の風光明媚な場所や歴史的な名所旧跡等で、時間内に参加者が3句を投句し、互選して成績を競います。吟行地近くの句会場で句会を催します。句会の様子や、優秀作品については、月刊誌「天穹」に掲載されます。

新年俳句大会

毎年初、1月第3日曜日に東京都内のホテルで新年俳句大会が開催され、毎年、著名な方の講話があり、100名以上の参加者がいます。首都圏の会員の方が中心ですが関西方面からの参加者もおられ、楽しく賑やかな新年俳句大会です。新年俳句大会が句友を増やす場ともなっています。

同人雑詠句会

年2回、春・秋に開催している「教育講座」に代えて、今年から主宰指導により、全国の同人を対象とする雑詠句会を開催します。第1回句会は8月29日に実施。8月17日までに雑詠5句を本部に投句をしていただきます。

合宿俳句勉強会

年2回、東京近郊で1泊2日の合宿を行い、参加者のレベルアップに努めています。参加は自由ですが、中堅・初心者を優先した勉強会で、様々な支部の方が積極的に参加しています。

夏の俳句大会

毎年、6月初めに2泊3日で夏の俳句大会(総会・俳句会)を行います。会の事業報告、人事、議事の決定等を諮り、参加者よりの意見を受けます。その後、俳句大会を開催します。開催地は、奈良・京都・高野山・明治村・河口湖・倉敷・浜松…等々、年により様々ですが、全国の各支部から参加者が集まります。2日目に吟行を行い、各人2句を投句、3日目に句会を開きます。

花篝賞(同人以外の会員)の募集

毎年、9月に同人となっていない会員(花篝会員)を対象として「花篝賞」の募集を行います。応募者は15句を出句し、厳正な審査により優秀者には「花篝賞」「準賞」「優秀賞」等が与えられます。

天穹賞の募集

毎年、3月に同人会員を対象として「天穹賞」の募集を行います。応募者は20句を出句し、厳正な審査により優秀者には「天穹賞」「準賞」「優秀賞」等が与えられます。