俳句会|天穹俳句の活動状況

活動状況

平成30年5月

「夏の大会・総会」を開催

 日 時:平成30年5月25日(金)〜26日(土)
 吟行地:三島市[白滝公園より遊歩道・三嶋大社・柿田川湧水群]
 参加者:60名

 風薫る快晴の空の下、富士山麓の三島市にて開催。
 熊本・広島・大阪・静岡・関東周辺より60名の参加。
 25日(金)午前11時に三島駅集合。バス2台に分乗して吟行地を廻理、夜は懇親会。
 26日(土)午前9時より代表者会議、10時より総会、10時30分より俳句大会。
 同日午後2時に解散。

 ◎建成主宰・三賞
  天=旗上げの碑に新緑の鬨の声     大村栄
  地=一の宮なれや名の石名の新樹    屋内修一
  人=沢音や映る新樹にめまいせる    宮�︹仍�

 ◎美智「創生」代表・三賞
  天=湧水に身を乗り出して夏帽子    山口ひろ女
  地=烏骨鶏の大声鹿の子走らせる    越智建之
  人=神殿の千木の鋭角楠若葉      川手和枝

 ◎幸鳴副主宰・三賞
  天=旗上げの碑に新緑の鬨の声     大村栄
  地=水青く湧きて五月の地球かな    田中国太郎
  人=夏空へ突き出す拳石燈籠      牛島清

 ◎修一副主宰・三賞
  天=旗上げの碑に新緑の鬨の声     大村栄
  地=若葉燦燦水滔々と柿田川      野口英二
  人=若葉風藻を梳る流れかな      米田由美子

 ◎高得点句
  1位 一の宮なれや名の石名の新樹   屋内修一(千寿白鵬会)   
  2位 真清水に透けたる五指の浅緑   山口美智(太田川)     
  3位 旗上げの碑に新緑の鬨の声    大村栄(ふじみ)     
  4位 水青く湧きて五月の地球かな   田中国太郎(幸鷹会)    
  5位 神殿の千木の鋭角楠若葉     川手和枝(太田川)