俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成29年1月


天穹俳句会 主宰詠


 新涼や歯科のコップに満つる水
 霽れてきて雨月の傘を忘れけり
 草の絮武甲嶺目指し飛ばんとす
 どんぐりの転びて寄りし一茶句碑
 寺の秋新撰組も泊まりしと
 髭題目跳ねて敗荷揺らしけり
 小樽散策 六句
 小樽運河へ駅より下る秋日和
 大正の煉瓦倉庫に蔦紅葉
 橋詰に撮り合ふ少女ななかまど
 オルゴール屋の棟に鯱鱗雲
 洒落た喫茶も元は銀行秋日濃し
 裕次郎もこれが見納め小樽秋
 稲架襖外し白山輝かす
 頬杖の太宰と秋を惜しみけり
 御会式の読経は和音太鼓打つ

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   浜機嫌
   花冷絵の菩薩あしゆび立て給ふ
   銀行の看板を背に浅蜊売
   ふらここに初の子そうれ泣くでない

 野間しげる  春の雨
   春の雨妻の小言のやうにかな
   ローランサン見ての帰りの朧月
   釣銭にひつついてくる花の屑

 安江利子   花時雨
   裸婦像の胸よりしづる花時雨
   照り降りの地上敷きつむ桜蕊
   エスプレッソの終の一滴花いちご

 山口美智   真珠の筏
   草笛を鳴らし防犯パトロール
   原発てふ魔物烟らすながし東風
   夏立つや真珠の筏波が越え

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   秋闌
   湖北より比叡へ四五本雁の棹
   片足は脚立に残し松手入
   十円に余る謝辞あり赤い羽根

天穹俳句会 風尚同人

 秋澄むや水音を弾く垢離場石    村井郁子
 文化の日消せるインクのボールペン 青木遵子
 抽出しに褪せたる旅券鳥渡る    山本玲香
 塵取に蝶の片翅野分あと      米田由美子
 麒麟より高いぞクレーン秋天へ   立道すみ女

天穹俳句会 風韻同人

 ビル街の甘さの渦やべつたら市   渡辺美枝
 店先に厚物咲や荒物屋       塚本一夫
 まだ青さ残る喜寿なり新松子    高橋ゆうじ

天穹俳句会 風霜同人

 山林へ錆び声放ち懸巣消ゆ     小川たもつ
 雲の緞帳上がり紅葉の仕手となる  大和田靜子
 童うたの二番あやしや林檎剥く   野沢明子

天穹俳句会 心にひびく1句

 夏帽子どれ被つても老いが見ゆ     立道すみ女
 選者:風悠作家            安江利子

 名残の蚊仏心で打ち損ず        皆川ふさ子
 選者:11月号「風尚」巻頭作家    上山本一興

 甲子園の長きサイレンカンナ咲く    篠崎豊美
 選者:11月号「風韻」巻頭作家    高橋ゆうじ

 雀来て茶髪案山子に一休み       壁下喜平
 選者:11月号「風霜」巻頭作家    内田静代

 あきのもりのねずみレースしゅっぱつだ さわそうじろう(年長)
 選者:11月号「花篝」巻頭作家    浜崎和煕