俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成29年2月


天穹俳句会 主宰詠


 ソーラーパネルあまた被きて街小春
 風邪心地貼りし切手のやや傾ぎ
 焼うどんに舞ふ削り節冬はじめ
 茶の花垣半農教師出勤す
 平和惚けの世も捨て難し憂国忌
 三島忌のヨーグルトには赤きジャム
 蒲原・由比・興津 五句
 花八手本陣跡に御駕籠石
 小春日や春にあらねどさくら蝦
 正雪を供養の紺屋小春風
 塗り絵になりし広重の富士石蕗の花
 坐漁荘に熱きガイドや冬うらら
 あけぼの杉の煉瓦色なる冬もみぢ
 抛物線描く噴水冬日燦
 枯芭蕉弁慶のごと立ち尽くす
 冬の鵙男は寡黙よかりけり

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   地球儀の旅
   磨きおきし地球儀にいま初明り
   地球儀に希ふ好転年新た
   自転公転九十六転おらが春

 野間しげる  冬蜂
   セーターにをさまりのよき猪首かな
   そつけなき落葉に見栄を張る落葉
   冬蜂の熟慮一歩が出せませぬ

 安江利子   日記果つ
   体操をしつつセーター着る朝
   寝室は書庫となりさう花八手
   初鴨の川生き生きと潮満つる

 山口美智   夫の一服
   歳晩の灯を満載に入港す
   味噌蔵に掛くる梯子や冬の月
   短日や裏戸に挟む回覧板

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   里神楽
   八束穂や土手に明治の開墾碑
   里神楽こはぜ嵌らぬ姫の足
   藤は実に潮入池の草路肩

天穹俳句会 風尚同人

 俊寛の立つてゐさうな枯岬    青木遵子
 風騒ぐほどには散らず冬もみぢ  山本玲香
 冬耕の影を祈りの姿とも     屋内修一
 昼月のほかは全き秋の天     米田由美子
 加湿器の音のかすかに一葉忌   村井郁子

天穹俳句会 風韻同人

 棚奥に使はぬ花瓶十二月     阿部栄子
 船宿の二階素焼の沙魚干さる   塚本一夫
 印肉の凹みを均す文化の日    石川洋子

天穹俳句会 風霜同人

 彷彿と清治の影絵冬みやげ    錦紅舟
 欅枯る遥かに望む太平洋     竹内政光
 カメラもて辿る砂町波郷の忌   山本美枝子

天穹俳句会 心にひびく1句

 繰り返す円周率や林檎剥ぐ       川手和枝
 選者:風悠作家            野間しげる

 真向へば強気の鎌をいぼむしり     阿部栄子
 選者:12月号「風尚」巻頭作家    米田由美子

 秋ともし音の結社誌できあがる     高垣わこ
 選者:12月号「風韻」巻頭作家    石井信生

 芋茎干すひねもす予定無き日かな    鈴木霞童
 選者:12月号「風霜」巻頭作家    岩澤由紀

 公園の道一ぱいに雨がえる       北中理菜(小学4年)
 選者:12月号「花篝」巻頭作家    田中国太郎