俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成29年3月


天穹俳句会 主宰詠


 かの鳥屋か初鶏のこゑ此処までも
 ごまめ噛む歯はまだ残り八十路なり
 当年とつて結社は二十(はたち)初松籟
 創建は記紀の世と聞く初社
 鶏旦や目指したきことなほ幾つ
 赤煉瓦駅舎門松匂ひけり
 山本教授はやもテレビに見る二日
 憎まれつ子も甚六もゐる江戸かるた
 歌かるたむすめふさほせ心して
 ふるさとの盆地軋みて寒に入る
 生ごみの山堆き寒の入
 少年いま人生の岐路冬林檎
 皮剥けばメビウスの帯冬林檎
 団地俯瞰の丘の起伏や梅探る
 お握りの海苔の湿りも春隣

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   ぽつと色気
   初鶏や相模寒川一の宮
   素つ飛んで天地や広し勇み独楽
   青春を知る欠け櫛や初鏡

 野間しげる  初鏡
   風邪に寝て厨の音を欲しがれる
   諍ひの親子の解かぬ懐手
   隣の男の膝を叩いておでん酒

 安江利子   初日影
   何もなきことの艶やか冬青空
   千両の紅にも憂ひある日なり
   冬の星しんから雲をよせつけず

 山口美智   頑固者
   開戦日囁くやうに道聞かれ
   凍豆腐ふつくらと煮て議論好き
   ありありと輝ふ潮目破魔矢受く

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   冬紅葉
   笹鳴きや竹に埋もるる切通
   菊枯るや路傍の地蔵吹き曝し
   透き通る乙女の耳朶や冬紅葉

天穹俳句会 風尚同人

 独り居のくらしに笹子来て鳴けり 前橋竹之
 機嫌あり引けば遠くへ毛糸玉   宮﨑茂子
 のつけより留守電にして寝正月  山本玲香
 居残りのやうな白菜校舎裏    村井郁子
 はんなりと京は祇園の事始    前田勝洋

天穹俳句会 風韻同人

 母の忌の厨大根を煮る匂ひ    上田時生
 枯蔦をたぐれば空がついてくる  高橋ゆうじ
 ムンクの叫びモデルはきつと雪女 吉岡雅文

天穹俳句会 風霜同人

 雪囲ひ舫ひ結びのきつちりと   大和田静子
 事始順に受け取る舞扇      小川たもつ
 クリスマス街は絵本の一ページ  藤本さな女

天穹俳句会 心にひびく1句

 秋晴や深呼吸して初講師        山崎華園
 選者:風悠作家            山口美智

 百五歳立ちて講演文化の日       皆川ふさ子
 選者:1月号「風尚」巻頭作家     村井郁子

 眼が笑ふ夫ゐて燈火親しめり      山下早千子
 選者:1月号「風韻」巻頭作家     渡辺美枝

 金木犀風を橙色に染め         田中正隆
 選者:1月号「風霜」巻頭作家     小川たもつ

 あきさめやどのくらいふるくものみず  さわそうじろう(年長)
 選者:1月号「花篝」巻頭作家     さいとう酔夢