俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成29年4月


天穹俳句会 主宰詠


 ウイルスにホテルの替はる新年会
 新横綱の型は雲龍冬日燦
 誕生日の妻へ一盞春近し
 萱葺屋根立春の日に膨らめり
 三椏咲きこれより急磴五十段
 無名塾に「青春」の文字梅真白
 絵踏せし祖の忘れられ人は生く
 花かたかご腰元のごと俯けり
 片栗のあるかなきかの花明り
 鶯や藩主の庵に萱の屋根
 蕗味噌やさてぐい飲みの取つて置き
 内子産の旧き奈落にある余寒
 エコー検査の冷たきゼリー冴返る
  孫・太陽の京大特色入試合格 二句
 太陽の昇るがごとく合格す
 合格子京に下宿を定めたり

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   つくし野回想
   土筆生ふる野辺や仔牛は遠くに跳ね
   風に日に緑煙放つつくづくし
   碧玉の胞子生むとや土筆んぼ

 野間しげる  早春
   屋根を跳ぶ美しき黒初鴉
   年ごとに小さくなりて鏡餅
   初夢の歩けど歩けど駅がない

 安江利子   料峭
   たはやすき涙を笑まひ初諷経
   独り居はいつも驚き寒月光
   運ひらくやうに咲きつぐ野水仙

 山口美智   遊女墓
   榾木たし言葉足らずを繕ひぬ
   笹鳴や謂れ彫りたる力石
   相部屋のひとり点滴春遅々と

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   新春
   硯海に波を立たせて筆始
   初日影大鏡なる駿河湾
   子宝を並べて二礼初詣

天穹俳句会 風尚同人

 室の花身をかたくして歯科の椅子 村井郁子
 洗ひ置く笊に冬菜の立ち上がる  米田由美子
 鏡割遺影はうちの手力男     立道すみ女
 野仏の目をつむりゐる野焼かな  宮﨑茂子
 首都圏の棲み古り今も京雑煮   中家朱美子

天穹俳句会 風韻同人

 初暦まづは書き込む明日のこと  阿部栄子
 地下街の辻を左におでん屋へ   高橋ゆうじ
 咲き満つるほどに臘梅造花めく  塚本一夫

天穹俳句会 風霜同人

 万両の見下ろしてゐる実千両   高垣わこ
 春寒し通過列車に背を向くる   藤本さな女
 保育所の毛布の端にかじり癖   篠崎豊子

天穹俳句会 心にひびく1句

 日溜りのやうに師の恩茶の咲けり    福井まさ子
 選者:風悠作家            福田龍青

 今に知る来し方どれも恵方道      上田時生
 選者:2月号「風尚」巻頭作家     青木遵子

 神の留守笑ひのもるる巫女溜り     細貝勝徳
 選者:2月号「風韻」巻頭作家     阿部栄子

 一文も添経ずに子らへずわい蟹     壁下喜平
 選者:2月号「風霜」巻頭作家     錦紅舟

 公園のおちばまあるく水の中      芹澤甫介(小学2年)
 選者:2月号「花篝」巻頭作家     斉藤雅はる