俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成29年6月


天穹俳句会 主宰詠


 流れゆく川面に笑窪春の水
 春の雪言葉の降りてくるごとし
 下校児の道草の種蜷の道
 鉢植ゑの穴出でし蟻パソコンへ
 涅槃図の余白に猫の来て泣けり
 春疾風身じろぎもせず儀仗兵
 昼間から飲み放題や四月馬鹿
 三鬼忌の雨に濡れたるはぐれ犬
  下野佐野 七句
 正造翁の墓碑高高と寺の春
 例幣使街道をゆく番蝶
 呉服屋の四代目当主黄水仙
 花かたかご髪靡くかに風の中
 片栗の花や日当るログハウス
 山裾の湿田に白く水芭蕉
 秀郷の山城の跡木木芽吹く

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   老春雑詠
   春の虹たれ思ふ間もなかりけり
   佐保姫もみ眉ひそめむ人痴れて
   尼御前はさくらねずみの花衣

 野間しげる  春昼
   ひらひらと春の土手来る女かな
   春昼や話の好きな鍼灸師
   犬に欠伸を移してしまふ春の昼

 安江利子   木霊
   もの芽吹く小さき炎とがらせて
   置くやうに忘れしやうに落椿
   木霊呼ぶやも掌中の白椿

 山口美智   花の宴
   逃水を追うて動員学徒の碑
   花の宴被曝ドームを真向かひに
   拘置所は街の真中や花の風

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   陽春
   雛納笛持つ指をねんごろに
   書き出しは一身上や冴返る
   細心な鷺の差し足春の水

天穹俳句会 風尚同人

 春宵の謡千金白寿翁       屋内修一
 削られて笑ふどころぢやない山も 立道すみ女
 水に置くまでの逡巡流し雛    米田由美子
 完膚なきまで剪定のバス通り   宮﨑茂子
 流氷の触れ合ふ音に舞ふクリオネ 金丸禮子

天穹俳句会 風韻同人

 老いにもある家出願望鳥雲に   高橋ゆうじ
 放牧の牛の一声朝霞       荒木洋子
 制服のポケットあまた新社員   阿部栄子

天穹俳句会 風霜同人

 うららかや塵の逃げ出す癖箒   山下早千子
 春の月父はじめての薄化粧    岩澤由紀
 花馬酔木山裾までの臨時バス   篠崎豊美

天穹俳句会 心にひびく1句

 吊し鮟鱇夕日だぶだぶして来たり    村井郁子
 選者:風悠作家            野間しげる

 福紙を丁寧に断ち読み始む       石川洋子
 選者:4月号「風尚」巻頭作家     村井郁子

 下がり目となりて昨夜の雪達磨     大平政弘
 選者:4月号「風韻」巻頭作家     阿部栄子

 過ぎし日は佳きことばかり冬すみれ   古家美智子
 選者:4月号「風霜」巻頭作家     高垣わこ

 先生とにわとりの絵の年賀状      西岡隼生(小学6年)
 選者:4月号「花篝」巻頭作家     牧之内節子