俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成29年7月


天穹俳句会 主宰詠


 若大将も我も八十緑立つ
 昼の部の幸四郎観て暮れかぬる
 遠足の声の黄色きバス乗り場
 洗面台に山吹一枝目覚めよし
 八重桜懸樋の水の絶え間なし
 咲き満ちて楊貴妃桜若木なり
 山種謹書の力持碑や百千鳥
 神鈴の緒に動かざる春の蠅
 染筆の手の影淡し春灯下
 春の灯や沈みて溶くる角砂糖
 あつさりと持論引つ込む春の雷
 鷹鳩と化して本日休肝日
  世界盆栽大会 三句
 真柏の白きはらわた夏近し
 盆栽の今を盛りの懸り藤
 盆栽展盆ごとに立つ松の芯

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   蛞蝓
   人人人薄暑織りなす交差点
   航路いま不二併走の青葉潮
   ハンカチに頤のせて女流展

 野間しげる  立夏
   宮島を出て甲板の立夏かな
   夏来る志功の女人観世音
   庭に出て筍投げてよこしたり

 安江利子   躙り口
   薄草履重ねうららの躙り口
   けふの陽を余さぬやうにシクラメン
   一枚の空の青さや八重桜

 山口美智   新樹光
   千蛸の雫してをり小桟橋
   波の音波の色消え薪能
   千切れ藻の礁離れず沖縄忌

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   花冷
   風誘ふ花の下なる忠臣碑
   春昼の幽き嬰の寝息かな
   遠足や波の強弱囃し立て

天穹俳句会 風尚同人

 幕切れのさんざめきかな春夕焼   金丸禮子
 いとはんと呼ばれ振り向く花衣   屋内修一
 じやらじやらと小銭の音の小判草  立道すみ女
 杉花粉飛ぶ日頭の廻らぬ日     村井郁子
 春眠の椅子並びたる理髪店     前田勝洋

天穹俳句会 風韻同人

 ぶらんこを漕ぐ富士山の高さまで  渡辺美枝
 デッサンの4Bの線梅雨に入る   藤枝誠治郎
 辻つじにつんつん躑躅蕾立つ    星野いずみ

天穹俳句会 風霜同人

 ゆつたりと吹く子大きなしやぼん玉 細貝勝徳
 ミニコミの淋しき顔の子猫かな   藤本さな女
 子等飽きて親の吹き合ふ石鹸玉   斉藤雅はる

天穹俳句会 心にひびく1句

 水底に泡のぷつくり春動く       米田由美子
 選者:風悠作家            山口美智

 墨絵めく五位鷺一羽水の春       荒木洋子
 選者:5月号「風尚」巻頭作家     山口ひろ女

 西陣の袋小路の沈丁花         藤本さな女
 選者:5月号「風韻」巻頭作家     荒木洋子

 夜蛙に塾の帰りを迎へらる       武市万里子
 選者:5月号「風霜」巻頭作家     藤本さな女

 友だちと学校帰りつくしとり      芹澤甫介(小学3年)
 選者:5月号「花篝」巻頭作家     吉田ひさし