俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成29年9月


天穹俳句会 主宰詠


  大磯吉田邸・寒川神社 七句
 夏の萩復原なりし吉田邸
 薫風や木の香の満つる応接間
 ワンマンの書架に司馬遼窓青葉
 冷房や「司牡丹」を据うる棚
 海を向く宰相像や南吹く
 青葉して八方除の札賜ふ
 八福餅提げて青葉の杜を出づ
  大阪 三句
 天守閣に仰け反る句徒の夏の陣
 夢のまた夢空堀に草茂る
 「面白い恋人」苞に朱夏の旅
 万緑や飛礫となりて鳥過る
 脛までを泥に濡らして児の田植
 採血に叩く静脈梅雨冷ゆる
 雨催ひ茅の輪は闇に濃く匂ふ
 得積んでゐさうな貌のひきがへる

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   祭足袋
   白南風や巨船曳きゆく水先艇
   打水の杓一杓に領土なす
   先導の明星うすれ夏至の空

 野間しげる  梅雨茸
   梅雨茸の寄り添うてゐる爆心地
   爆心に立ちラムネ飲む喉仏
   噴水に死者の声聞く爆心地

 安江利子   百日紅
   不揃ひの雲ふやしつつ梅雨の雷
   天宮へ夕べ楽しむ鉄線花
   ドガの絵を奥に吊して夜店の灯

 山口美智   大夕立
   禅寺の水を称へて新豆腐
   水音を一品として川床料理
   山に入る禊となりし大夕立

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   雪の峰
   夏山や眼下に煙る黒樹海
   滝音の途切れ途切れに行者道
   石仏の肩で瞑想雨蛙

天穹俳句会 風尚同人

 早速にスリットに風更衣      山口かずお
 大名の池水を足蹴あめんぼう    屋内修一
 八月や一片の紙鶴となる      山口ひろ女
 梅雨の月指鉄砲の狙ひ撃ち     村井郁子
 抱いてやらう瓜坊と言ふ名の西瓜  立道すみ女

天穹俳句会 風韻同人

 カタカタと鳴る映写機や巴里祭   藤栄誠治郎
 ビリケンさんのにんまり笑ひ街暑し 星野いずみ
 コーラスの指揮者も歌ふ夏の宵   阿部栄子

天穹俳句会 風霜同人

 鉛筆で記す梅酒の熟成日      篠崎豊美
 金魚すくひ銭尽き人の世話をやく  細貝勝徳
 ひと隅に富士の影置く大夏野    斉藤雅はる

天穹俳句会 心にひびく1句

 白木蓮や子は思春期の真つただ中    山口ひろ女
 選者:風悠作家            安江利子

 震災の城咲き満つる花の道       持永惠山
 選者:7月号「風尚」巻頭作家     金丸禮子

 銀杏咲く太古の息を吐くやうに     上村百々子
 選者:7月号「風韻」巻頭作家     渡辺美枝

 花筏流れに乗るも逸るもあり      南里恵津子
 選者:7月号「風霜」巻頭作家     細貝勝徳

 チューリップ赤いガラスのコップかな  西岡隼生(小学6年)
 選者:7月号「花篝」巻頭作家     田中国太郎