俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成29年10月


天穹俳句会 主宰詠


 無頼派の墓所に一本缶ビール
 甚平着て今もビートルズが好きで
 黒潮に深き色あり雲の峰
 シェフハットのさまの峰雲父島に
 八百八橋くぐりて夜の遊び舟
 八十路われ詣づる四万六千日
 閼伽桶の乾く寺苑や百日紅
 炎昼や路面電車の歪み来る
 炎昼を来て弔問の列に蹤く
  駄右衛門花御所異聞 二句
 母亡くしし童宙乗りして涼し
 木造の校舎の匂ひ蝉時雨
 ハナハトマメの旧き教科書夏木立
 ががんぼや階段箪笥ある薬舗
 満目の色濃きみどり草田男忌

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   表紙画「バケツ」
   天高し「天穹」表紙画銀バケツ
   もののあはれ秋こそ勝れバケツにも
   佳かりけるバケツの詩情草の花

 野間しげる  暑き夜
   モナリザに見られてをりぬ冷奴
   暑き夜の激辛カレーライスかな
   向日葵をごしごし描いてゐる子かな

 安江利子   朝顔
   青岬少年ふいに深呼吸
   虹晴れや婆も一役ある婚儀
   炎天の人呑みつづけゐる大樹

 山口美智   掃苔
   冷房のなかに目覚めて原爆忌
   ドックいま死の静けさやラムネ乾す
   青年の厚きビフテキ終戦忌

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   朱夏
   木下闇供華新しき比翼塚
   公園に太極拳や朝曇
   海原へ気魄の反り身ヨットマン

天穹俳句会 風尚同人

 蛸に指吸はせて見せて引売女    米田由美子
 御披露目のごと背の子ふはふは鳰  村井郁子
 暑さ言ふ枕詞のやうに言ふ     立道すみ女
 話し終へ墓前に開く白日傘     屋内修一
 わがために首振る昭和の扇風機   山口かずお

天穹俳句会 風韻同人

 帰省子や寝そべる猫を先づ膝に   鈴木優子
 土用の入襟を正してクールビズ   吉岡雅文
 単衣着て姉に父かと驚かる     上田時生

天穹俳句会 風霜同人

 一回戦は母校勝ちけり蝉時雨    鴨川瑞音
 同居話さらりと躱し冷素麺     斉藤雅はる
 掴まんとするほど小さく冷奴    細貝勝徳

天穹俳句会 心にひびく1句

 野も山もほんに緑よみどりの日     立道すみ女
 選者:風悠作家            野間しげる

 はぐれ蛸宇宙遊泳するごとし      荒木洋子
 選者:8月号「風尚」巻頭作家     宮﨑茂子

 民宿の桶に逆立つ初鰹         島田道世
 選者:8月号「風韻」巻頭作家     星野いずみ

 もこもこと涌き出づるごと山若葉    高野徳久
 選者:8月号「風霜」巻頭作家     大和田靜子

 青空に緑のつづく通学路        西岡隼生(小学6年)
 選者:8月号「花篝」巻頭作家     前川尚子