俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

天穹825コンテンツ.png

HOME > 天穹誌 > 平成29年12月・天穹誌作品 Copy

活動状況

平成29年12月


天穹俳句会 主宰詠


 島村姓多き在所や芋嵐
 踏みしだき花葛匂ふ切通し
 含め煮に細かな切り目秋茄子
 台風裡結社而立へ第一歩
 素つぴんの富士を丸ごと秋の晴
 ふるさとに卒寿の従兄竈馬
 水の秋橋をわたれば寒山寺
 四辻に和菓子の龜屋金木犀
 穂絮跳ぶ葛城古道七曲り
  西新井大師 三句
 内陣に護摩火のあがる秋彼岸
 破れ蓮影を連れゆく鯉幾尾
 秋澄むや如来のむすぶ智拳印
  築地 三句
 黙深きパイプオルガン秋寂ぶる
 秋霖や寿司屋チェーンに傘たたむ
 八紘一宇の碑を見てよりの秋思かな

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   十三夜
   鰯雲一葉井戸に呼び水を
   隠沼の薄明に沸く雁のこゑ
   思ひ出し笑ひ引き抜くゑのこ草

 野間しげる  小鳥来る
   二の足を踏む蜻蛉のゐるベンチ
   秋蝶に足許の不意衝かれたり
   草虱付けて老婆の足速し

 安江利子   秋茄子
   蔦一縷搦手門を駈けのぼる
   垣根越え触れむとばかり乱れ萩
   縮景を巡らす池の面鰡飛べり

 山口美智   花野風
   裾分と言うて秋鯵トロ箱で
   学徒碑を去りて行きたる秋日傘
   手枕の羅漢のおはす良夜かな

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   秋うらら
   葡萄房剪りし透間に甲斐の峰
   秋うらら遊覧船に海賊旗
   秋晴や北前船の過ぎし崎

天穹俳句会 風尚同人

 御猟場の薮のさざめき雁渡し    屋内修一
 駅前に仏花の出店秋彼岸      村井郁子
 寺の磴は石の鍵盤木の実跳ぬ    菅原研吾
 冬瓜汁書かねばすぐに消ゆる言   米田由美子
 一本の包帯干してゐる厄日     中野捷子

天穹俳句会 風韻同人

 箸先を汚さぬうちの菊膾      塚本一夫
 流星は天使の蹴つた金平糖     星野いずみ
 穴惑問診票に嘘少し        荒木洋子

天穹俳句会 風霜同人

 河童橋渡りて揺るる星月夜     斉藤雅はる
 夕焼やサンタモニカの癒し砂    鴨川瑞音
 朝霧のしめりて重き棕櫚箒     藤本さな女

天穹俳句会 心にひびく1句

 キリストの顔して夫の午睡かな     青木遵子
 選者:風悠作家            福田龍青

 声かけて最後のトマト庭に捥ぐ     日野わたる
 選者:10月号「風尚」巻頭作家    米田由美子


滑らかに棘削りをり瓜の馬       岩澤由紀
 選者:10月号「風韻」巻頭作家    鈴木優子

 猫の顔横に広がり金魚玉        前川尚子
 選者:10月号「風霜」巻頭作家    鴨川瑞音

 やきゅうぼうかぶったままでねちゃったよ  
                    星野維〈ゆい〉(小学1年)
 選者:10月号「花篝」巻頭作家    高野徳久