俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成30年2月


天穹俳句会 主宰詠


 神渡し宮司は烏帽子押さへつつ
 北塞ぎ書斎たちまち一壺天
  谷中 三句
 向き合へる風狂の二碑寺の冬
 葉唐辛子の佃煮を買ふ谷中冬
 地図まはし曲る師走の谷中路地
  北の丸公園 四句
 武道館にライブ待つ列着ぶくれて
 落葉てふ先客ゐたる木のベンチ
 冬晴や館の吸ひ込む科学の子
 千鳥ヶ淵万の枯蓮力尽く
 ベランダに出さるる鸚哥冬うらら
 青写真知らぬ今の子大日向
 甲府盆地は大き日だまり葡萄枯れ
  青山界隈 三句
 落葉踏み「学生時代」の歌碑捜す
 朝市の一隅ポインセチア占む
 枯桜寺務所に大き影を置く

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   十二月
   十二月やけのやんぱちでかい月
   青空の欠けて月空緑内障(あをそこひ)
   小刻みな底翳(そこひ)の歩み霜の道

 野間しげる  冬のベンチ
   小春日や口笛がもう吹けませぬ
   銀杏散るサラリーマンの黒い鞄
   老人を一人づつ置く冬のベンチ

 安江利子   今朝の冬
   悠然と天を制して欅(きよ)紅葉
   嵌合を搦めたるごと濃紅葉
   菊犬輪彩に重さのありにける

 山口美智   博打岩
   冬うららパントマイムを真似てみる
   冬月やあす進水の船に人
   綿虫や起重機船の係留地

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   銀杏枯る
   冬晴や富士の正装整ひぬ
   転生を信じて積もる落葉かな
   ボール蹴るジャージの禰宜や神の留守

天穹俳句会 風尚同人

 くきくきと谷中の坂や枯葉溜む   福井まさ子
 大和絵に踏み入るここも夕紅葉   安達幸代
 凩と道灌山にすれ違ふ       屋内修一
 抱き寄する猫の心音冬ぬくし    米田由美子
 短日のペンを持つ手が走り出す   山口ひろ女

天穹俳句会 風韻同人

 神籤にも英語版あり神の留守    上田時生
 一灯下密談めける薬喰       藤栄誠治郎
 総ガラスのビルに師走の町歪む   渡辺花穂

天穹俳句会 風霜同人

 路地奥の仄明るさや石蕗の花    野沢明子
 くひ違ふ地図と三叉路暮早し    細貝勝徳
 小人等の忘れパレット柿落葉    鴨川瑞音

天穹俳句会 心にひびく1句

 人に倦み風と睦みぬ吾亦紅       宮﨑茂子
 選者:風悠作家            野間しげる

 貝割菜摘めば抗ふかそけき根      塚本一夫
 選者:12月号「風尚」巻頭作家    屋内修一

 秋うらら玉子ぷるんと親子丼      山下早千子
 選者:12月号「風韻」巻頭作家    塚本一夫

 佐渡島おほひて余る鰯雲        星加鷹彦
 選者:12月号「風霜」巻頭作家    斉藤雅はる

 ぎんなんがかぜにまけたよちょっとくさい 
                    しばたえいじ (小学1年)
 選者:12月号「花篝」巻頭作家    荒木正夫