俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成30年4月


天穹俳句会 主宰詠


 若水や湯の沸く音も新しく
 一つ年拾ひし夫婦鏡餅
 平成の来し方思ふ初湯かな
 中山道の蕎麦屋に酔へる二日かな
 戦後なりき先づは病母へ寒卵
 臘梅や次の世の幸透くるかに
 胸奥に熱きを抱き鶴凍つる
  首都圏大雪 八句
 降る雪や動線描く靴の跡
 屋根に雪「年暮る」といふ魁夷の絵
 雪こんこん尾長あたふた森に消ゆ
 孟宗のひれ伏す雪の重さかな
 読点のごと雪紐のちぎれ落つ
 しづりたる枝枝にまた夜の雪
 積む雪や『蛍雪時代』といふ昔
 雪吊の縄を朝日の爪弾けり

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   皆既月食に遊ぶ
   外套の襟立てて待つ皆既の夜
   寒鯉の群れ解き出づる夜の皆既
   寒牡丹この夜昇天皆既食

 野間しげる  初空
   初夢の迷路出られずじまひかな
   初空へ卒寿の腕振り回す
   元旦や妻どことなくめでたき顔

 安江利子   実千両
   抱くたびに子の言葉増ゆ実千両
   寒椿紅一輪の本気なる
   紅覗く雪の人参畑かな

 山口美智   建国日
   ほどほどの教へまもりて薺粥
   盆梅の開ききつたる屯所かな
   娘らの明るき返事クロッカス

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   初春
   初富士やひとひらの雲簪に
   平成の御代惜しみつつ初日記
   神鈴の緒の綻びや悴む手

天穹俳句会 風尚同人

 見舞客ことばを選び賀詞言へり   山口かずお
 松過ぎの胸を出たがる言葉たち   立道すみ女
 流氷初日恩寵の月さしのぼり    金丸禮子
 ビル街の谷に反骨葱畑       大村栄
 菰の内は男子禁制冬牡丹      中野捷子

天穹俳句会 風韻同人

 臘梅の風に宝登山ふくらめり    渡辺花穂
 悴みて外せぬピアス通夜の席    藤井祐喜
 壽の一字己が齢の吉書とす     吉岡雅文

天穹俳句会 風霜同人

 花びら餅濃茶の銘は「初昔」    北中紀子
 初旅の恵比寿を発ちて極楽寺    斉藤雅はる
 左義長や顔半分は闇におき     田中国太郎

天穹俳句会 心にひびく1句

 握つてはひらく稲穂の出来加減     川手和枝
 選者:風悠作家            福田龍青

 細く長く吐く息白し弓稽古       越智建之
 選者:2月号「風尚」巻頭作家     福井まさ子

 小春日や児が手を伸ばし鳩を追ふ    大平政弘
 選者:2月号「風韻」巻頭作家     上田時生

 道化師のバルーンアートや冬の街    山口秀子
 選者:2月号「風霜」巻頭作家     野沢明子

 いなびかりいっしゅん神がおりにけり  西岡隼生(小学6年)
 選者:2月号「花篝」巻頭作家     星加鷹彦