俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成30年5月


天穹俳句会 主宰詠


 三井邸の蹠冷たき長廊下
 三葉葵の漆長持邸冷ゆる
 鉄瓶の尻を舐めゆく囲炉裏の火
 皆既には血の色といふ寒満月
 市の部長二月礼者として上京
 節分草疎林の影のあはあはと
 ひと揺るぎして春寒の貨車発てり
 魚は氷に勝者は表彰台に立ち
 野火立つや天下分け目と勢子走る
 共学に家庭科ありき針供養
 奉安殿てふ言葉脳裏に建国日
 賜りし句集に付箋春障子
 朝市やこれはおまけと蕗のたう
 待ち針の頭七色春きざす
 都忘れ単身赴任に酒量増え

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   動脈瘤摘出中止
   切る切らぬ切らぬと決めて梅白し
   採血の視線逸らせば風の梅
   これよりは余命とせむか残り梅

 野間しげる  焼嗅
   老禰宜の総身の煽ぐ焼嗅
   髪結ぶリボン桃色春の雪
   故郷の雪解の音の中をゆく

 安江利子   濃紅梅
   野良猫の和みし梅やよく匂ふ
   日に含み月に紛れて濃紅梅
   撤去さるる護岸の並木春淡し

 山口美智   レタス噛む
   さへづりや畑ざかひの株二本
   うららかや少し書き足す頭脳線
   貧乏を笑ひ飛ばしてレタス噛む

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   春光
   囀に醒むる曙伊豆の宿
   捨て舟に身じろがぬ鷺水温む
   山の辺を削る白波雪解川

天穹俳句会 風尚同人

 百歳へ話伸びゆく柳の芽      大村栄
 それなりの水輪を放ちかいつぶり  村井郁子
 啓蟄や蔵の奥よりラブレター    青木遵子
 大山の雪は雨てふ春田かな     渡辺信光
 幼には四の五のいひてはうれん草  宮﨑茂子

天穹俳句会 風韻同人

 幾たびも鳥影過る種浸し      久保田雅久
 薄氷をあつさり穿つハイヒール   藤井祐喜
 春待つや側転の子の長き脚     渡辺花穂

天穹俳句会 風霜同人

 うすらひや谷中寺町月見寺     五月女美沙
 受験生自己採点し旅仕度      細貝勝徳
 筆談の兄の手細し冴返る      田嶋しゅうじ

天穹俳句会 心にひびく1句

 窓拭きて名残の空を祓ひけり      福井まさ子
 選者:風悠作家            安江利子

 タオル掛けの捻子しめ直す年の暮    阿部栄子
 選者:3月号「風尚」巻頭作家     福井まさ子

 ほがらかにノンアルコール年忘     藤本さな女
 選者:3月号「風韻」巻頭作家     阿部栄子

 うたかたの糸切れぬやう賀状書く    武雅江
 選者:3月号「風霜」巻頭作家     細貝勝徳

 名月に心うばわれ動物ら        井上利音(小学3年)
 選者:3月号「花篝」巻頭作家     松本直美