俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成30年6月


天穹俳句会 主宰詠


 赤鳥居列なす異界椿落つ
 清流に身を躍らせて花うぐひ
 高層ビルを戴する朱の橋水温む
 迷ひ込む路地や葉牡丹茎立てり
 鷹鳩と化しAIは句も作る
 農継ぎし従兄は長寿田螺鳴く
 小田原・大雄山最乗寺 九句
 料理屋に待つ人あまた花曇
 運転手饒舌となる花盛り
 花のトンネル背に撮りて男たち
 中腹をあはあはと染め山桜
 参道に沿ひ紫陽花の芽吹き急
 不動堂より堰二つ越え春の水
 天狗履く大き高下駄紅枝垂
 元祖とある天狗煎餅木の芽風
 家苞の干物の重き花疲れ

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   初蝶
   初蝶や日はまだ薄き畑の色
   初蝶や曲線光る野の起伏
   引力を撥ねたる蝶の吾を越せり

 野間しげる  縮景園
   冠木門くぐりて木の芽風貰ふ
   異国語の大声がゆく木の芽道
   啓蟄の土塀に熊手立ち並ぶ

 安江利子   養花天
   差し潮のいよよものぐさ養花天
   亀鳴くや浮木の上の夢うつつ
   夜桜へ架かつてをりぬ錦帯橋

 山口美智   花むしろ
   林泉の水唱ひだす初桜
   囀や土手に畑をつくりゐて
   健啖の卒寿五人の花むしろ

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   木の芽
   祖師自得は型破りなり木の芽ふく
   ものの芽や海の光を山が受け
   春風や古樹に凭るる割れ石碑

天穹俳句会 風尚同人

 宙に浮くタワーマンション風光る  前田勝洋
 ひと掻きのたらの芽の贅峡に生く  宮﨑茂子
 わが胸に鬼棲むことも椿落つ    村井郁子
 老幹の恍惚と咲く花の寺      前橋竹之
 春一番キャリーバッグが走り出す  米田由美子

天穹俳句会 風韻同人

 風光る思ひ出覗く眼鏡橋      落合善子
 DJの英語交りや春こたつ     阿部栄子
 菊の根を分かちて庫裏に茶の支度  藤井祐喜

天穹俳句会 風霜同人

 鳥帰る廃止間近のローカル線    牛島清
 ふる里の田螺鳴く田にケアホーム  土岐英子
 鶯鳴くや日の丸の喉ふくらませ   高垣わこ

天穹俳句会 心にひびく1句

 膝掛の今日は何色車椅子        福井まさ子
 選者:風悠作家            野間しげる

 太筆やバケツといふも初硯       渡辺花穂
 選者:4月号「風尚」巻頭作家     山口かずお

 どんど焼火照り冷ましてまた寄りぬ   さいとう酔夢
 選者:4月号「風韻」巻頭作家     渡辺花穂

 自画像の暗き眼差し雪催        飯塚佐保子
 選者:4月号「風霜」巻頭作家     北中紀子

 ゆきのみちながぐつキュッキュッとうたってる
                    しばたえいじ(小学2年)
 選者:4月号「花篝」巻頭作家     堀内友美子