俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成30年7月


天穹俳句会 主宰詠


 森すでに音楽堂や百千鳥
 トランプの名で来るメール四月馬鹿
  九品仏淨真寺 五句
 春陰や奪衣婆前のワンカップ
 満身創痍のしばられ地蔵芽吹き急
 阿弥陀様は三三が九体八重桜
 一こゑに彼方の呼応昼蛙
 惚けたんぽぽ寺に使はぬポンプ井戸
 桃の花八ヶ岳の嶺嶺宙に浮き
 ワイナリーの丘より俯瞰桃の村
 墨堤の句碑見てよりの桜餅
 鳥交る懺悔堂とはつゆ知らず
 外輪船抱き琵琶湖の大霞
 香り立つ藤の天蓋鳩ねまる
 春疾風森の慟哭ひもすがら
 三山はみな駅の名に奈良暮春

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   筍
   筍の出廻り早し雨多し
   母竹のそよぐ筍梅雨の走りかな
   筍や地下鉄の来る噂など

 野間しげる  風光る
   弓を背に若きらのゆく花の土手
   坂登る記念の桜見るために
   小気味よき親子の喧嘩風光る

 安江利子   空豆
   よちよちの視線に揃ふチューリップ
   さくらしべ降る降る人は日常へ
   角落ちて物足らぬごと神の庭

 山口美智   利休梅
   浅蜊掻く夫婦たちまち遠ざかる
   新緑に研修といふお辞儀かな
   少将の墓肩章は利休梅

天穹俳句会 風悠同人

 籠田幸鳴   ピースサイン
   花冷や急階段の天守閣
   恋雀羽根より長き藁運ぶ
   禁煙に十回成功四月馬鹿

天穹俳句会 風尚同人

 春夕焼より駄駄つ子をつまみだす  村井郁子
 ぺんぺん草風に疲労の撥捌き    立道すみ女
 卒寿まであと一漕ぎの半仙戯    山口かずお
 上品堂開きたんぽぽ浄土かな    福井まさ子
 長閑さや薩長土肥の知事集ふ    中野捷子

天穹俳句会 風韻同人

 ペンギンの翔びたちさうな五月かな 藤栄誠治郎
 春荒に遅れ弧を描く池の波     渡辺花穂
 春疾風像の名馬を嘶かせ      塚本一夫

天穹俳句会 風霜同人

 仔牛立つまだひと色の柿若葉    藤本さな女
 こめかみに指鉄砲や万愚節     前川尚子
 居残りの教室しんと春の雷     坂場正保

天穹俳句会 心にひびく1句

 趣味趣向夫に背きてレタス盛る     川手和枝
 選者:風悠作家            山口美智

 水切りの石跳ね跳ねて風光る      星野いずみ
 選者:5月号「風尚」巻頭作家     大村栄

 「羽生」と書く戦士二人や春満月    田中正隆
 選者:5月号「風韻」巻頭作家     久保田雅久

 コンビニのイートイン席おでん食ぶ   田村汎子
 選者:5月号「風霜」巻頭作家     早乙女美沙

 「旅立ちの日に」を歌って卒業す    西岡隼生(中学1年)
 選者:5月号「花篝」巻頭作家     吉田博子