俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成30年8月


天穹俳句会 主宰詠


 葉桜や日の斑のうごく木歩句碑
 水軍の根城の島や卯波荒れ
 紅灯の巷に酔へばかなぶんぶん
 船の灯の移る夕闇ビヤガーデン
  国分寺お鷹の道 四句
 指入れてひろがる波紋水涼し
 ミニ水車は永久機関水遊び
 蕗の葉に水掛けてある青物屋
 清流に石の小橋や海芋咲く
  皇居東御苑 四句
 親授式の馬車戞戞と風五月
 がら空きの夏天一枚天守跡
 愛鳥週間雑木林に耳澄ます
 山帽子飛び立てさうな風を待つ
  懐旧 三句
 火蛾を掃きみな腹空かせゐし戦後
 一浪の無聊なぐさめ窓守宮
 酔ひ痴れて放歌高吟黴の寮

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   老安居
   夏場所や今年若手の競ひ振り
   更衣本社復帰の沙汰消えて
   夏木立縫うて力車の緋毛氈

 野間しげる  余花の雨
   余花の雨さみしき昼のありにけり
   耳当てて新樹の音を探りけり
   彼油我はパステル若葉風

 安江利子   ほまち雨
   軒燕これより家族ふたりなる
   花手毬夜も明るき裏鬼門
   差し潮の波の五線譜風薫る

 山口美智   紫陽花
   デフォルメの母の似顔絵風光る
   綿菓子のごとく新樹の育つ空
   入口に手書きのメニュー蔦茂る

天穹俳句会 風悠同人

 屋内修一   麦の秋
   夕日まで続く金波や麦の秋
   愛鳥週間鳴き声学ぶ電子辞書
   菖蒲湯に詩嚢の皺を伸ばしけり

 籠田幸鳴   歩荷
   母の日や譬へ上手なお説教
   小鼓の闇を劈く薪能
   素つ気なき禅の堂宇や散松葉

天穹俳句会 風尚同人

 余花といひ余生と言ひてたのしめり 渡辺信光
 麦こがし母は鉛筆派で通す     米田由美子
 旗挙げの碑に新緑の鬨の声     大村栄
 皂莢の落花や緑とほくなり     村井郁子
 味な奴と鯵の開きの焙らるる    山口かずお

天穹俳句会 風韻同人

 蛭蓆泡に続きて亀の鼻       塚本一夫
 よく道を聞かるる日なり若葉風   荒木洋子
 飛び立ちてどれが子燕親燕     篠崎豊美

天穹俳句会 風霜同人

 風抜くるトロッコ電車渓若葉    坂場正保
 話好きは手話にもありて新樹光   前川尚子
 柴又に川魚料理夏暖簾       斉藤雅はる

天穹俳句会 心にひびく1句

 鋼材の泳ぎゆく空しやぼん玉      大村栄
 選者:風悠作家            福田龍青

 西行忌吉野へ誘ふ涅槃西風       塚本一夫
 選者:6月号「風尚」巻頭作家     前田勝洋

 踏青やまだ捨てきれぬ靴手入れ     星加鷹彦
 選者:6月号「風韻」巻頭作家     落合善子

 一針の温り宿す吊し雛         鈴木操
 選者:6月号「風霜」巻頭作家     牛島清

 ねこの子のおしあいへしあいみていたよ 澤宗四朗(小学2年)
 選者:6月号「花篝」巻頭作家     飯塚佐保子