俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成30年9月


天穹俳句会 主宰詠


 草笛を吹きたし佐久に来たからは
 平成の終りを刻む時計草
 どくだみを踏んで東電検針員
 べえぜえと啼く仔鴉や雨の森
 橋脚に生木裂かるる出水川
 近寄りてこころ読むかに熱帯魚
 背をうかと田水に透かせ梅雨鯰
 草刈鎌の切れ味試す指の腹
 青蜥蜴の背の禁色桔梗門
 黄昏の船笛長く鳴りて夏至
  高幡不動 五句
 梅雨晴の空へずしんと護摩太鼓
 句募集のチラシに重石風青し
 「未来図」の句の字純白濃紫陽花
 躍り出でしは不動の化身黒揚羽
 賽銭を沙弥の集むる夏の夕

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   夕立のタワーに
   夕立来超高タワー傾けて
   けぶり立つ夕立に巨塔雲隠れ
   夕立に衣裳からげて車寄せ

 野間しげる  噴水
   袖上げて鮎に咬みつく女かな
   噴水の頂ことに昂れる
   噴水止まるずつと止まつてゐたやうに

 安江利子   梅雨葵
   万緑の島々瀬戸をたけなはに
   雲間より光のはしご立葵
   うす紅に涙いつぱい梅雨葵

 山口美智   初ゆかた
   白南風や釣人のみな棒立ちに
   舟板が子らの机や雲の峰
   橋渡る人見詰めをりヒロシマ忌

天穹俳句会 風悠同人

 屋内修一   天使魚
   一山の無音涼しき龍澤寺
   ねぶの花矢立初めの地にけぶる
   ゴーギャンの掛かる茶房や天使魚

 籠田幸鳴   瑠璃蜥蜴
   階に這ふ瑠璃蜥蜴東照宮
   早苗束くばる農夫の下手投
   貴婦人の胴の細さや金魚揺る

天穹俳句会 風尚同人

 水中に風あるごとし花藻揺る    米田由美子
 夏至の夜やライトダウンの都心街  渡辺信光
 電話魔になつてみようか梅雨長し  立道すみ女
 風薫る出羽や最上の川下り     前田勝洋
 虹ほのと泣いて笑つて八十年    安達幸代

天穹俳句会 風韻同人

 おさんどん済ませ私の夏至暮るる  藤井祐喜
 出水して村にひとしく月明り    渡辺花穂
 潮風の抜けの良き路地鯵を干す   高橋ゆうじ

天穹俳句会 風霜同人

 出目金と目があふけふも酔うてをる さいとう酔夢
 夏帽をどつと吐き出す逗子駅舎   斉藤雅はる
 走り梅雨読書三余の書架に立つ   太平政弘

天穹俳句会 心にひびく1句

 どう見ても末子ママつ子鳰の列     村井郁子
 選者:風悠作家            安江利子

 はりはりと音のふくらむ紙風船     石川洋子
 選者:7月号「風尚」巻頭作家     村井郁子

 斑鳩の築地の崩れきんぽうげ      藤本さな女
 選者:7月号「風韻」巻頭作家     藤栄誠治郎

 夏隣けふ着る服を迷ひたり       篠崎昭男
 選者:7月号「風霜」巻頭作家     藤本さな女

 せおよぎでまどから見える花水木    しば田えいじ(小学2年)
 選者:7月号「花篝」巻頭作家     高野徳久