俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成30年10月


天穹俳句会 主宰詠


 始球式は安仁屋が放り沖縄忌
  吉見百穴 九句
 百穴てふ古代の墓穴油照り
 吉見百穴蘇婆訶蘇婆訶と蟬時雨
 位高きは上の墓穴に夏木立
 風死せり墓穴の闇にひかりごけ
 武甲嶺は山並のどれ夏霞
 山降りて唇赤くかき氷
 出土せし土器の継ぎ目の白涼し
 勾玉の溶けんばかりの炎暑かな
 うどん屋のひと間に胡坐夏に籠る
  能狂言 五句
 朱夏を来て能楽堂の中正面
 青水無月文楽の首よよと伏し
 平家琵琶の語り粛粛暑を忘る
 シテ・アドは萬斎親子夏狂言
 誦経涼しシテの「通盛」成仏す

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   夏の夢「縄文展」
   縄文展へあこがれ続く蓮の道
   夏はあけぼの「縄文ビーナス」土の艶
   山百合や「仮面の女神」ほと隠さず

 野間しげる  見返り蟷螂
   久しぶりのごきぶりつひに打たざりき
   爆心の向日葵の芯焦げてゐる
   風鈴のあつちこつちと吊りかへる

 安江利子   仙人掌
   仙人掌の羽化する如く花ひらく
   回れ右してもやつぱり日焼の子
   噴水の天の鳴弦もつれあふ

 山口美智   原爆忌
   噴水の短く折れて爆心地
   蛇崩レノ砲台山や蝉しぐれ
   背に迫りくる鳩の声原爆忌

天穹俳句会 風悠同人

 屋内修一   手沢の辞書
   青春の手沢の辞書や紙魚走る
   夏風邪の妻に室温合はせけり
   満腔に草刈る匂ひバスを待つ

 籠田幸鳴   三伏
   三伏や小筆の墨の掠れがち
   かはたれやあさきゆめみし籠枕
   薬缶茶をラッパ飲みする大暑かな

天穹俳句会 風尚同人

 水の出ること有難き夜の濯ぎ    加納千女
 七夕忌墓参叶はず遥拝す      立道すみ女
 ファックスの歪んで届く酷暑かな  渡辺信光
 大昼寝置きつぱなしにされにけり  川手和枝
 きちきちの飛び交ふひかり河川敷  大村栄

天穹俳句会 風韻同人

 鉄棒に腰掛けてゐる晩夏かな    荒木洋子
 捕虫網つぎつぎ行けり垣根越し   篠崎豊美
 礼文島の風入れて封夏見舞     渡辺花穂

天穹俳句会 風霜同人

 暑い暑いと百遍言うてけふも暮れ  高垣わこ
 サイダーをバケツで冷やす草野球  浜崎かづき
 繋がれて熱き無蓋車すべりひゆ   田中国太郎

天穹俳句会 心にひびく1句

 叱りつけ蛸を船板より剥がす      米田由美子
 選者:風悠作家            野間しげる

 夏服の生地ざくざくと裁断す      篠崎豊美
 選者:8月号「風尚」次席作家     米田由美子

 夏めくやひやりと犬の鼻頭       曽我晶子
 選者:8月号「風韻」巻頭作家     塚本一夫

 新緑の香を分け二人乗りバイク     西村佳子
 選者:8月号「風霜」巻頭作家     坂場正保