俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成30年11月


天穹俳句会 主宰詠


 水母浮く巨大空母の休む辺に
 隠し事なしとクラゲの裏返る
  学習院の夏 六句
 学習院振舞水とは豪勢な
        註:オープンキャンパスでペットボトル配布
 辻邦生の蔵書や黴の香などして
 蜻蛉生まれ血洗ひの池警邏せり
 あめんぼう池面の樹樹の余白跳ね
 飼葉食む白馬に向けて扇風機
 音合せのチューバ気怠き夏の昼
 子ども代表言葉を繋ぐ広島忌
 医大への進学仇に長崎忌
 刃を入るる大き西瓜に経度緯度
 追悼号相次ぐ俳誌星流る
 底紅やひと日一日を思ひ切り
 閉ぢ傘のさまに木槿の落花かな
 群るること拒み鬼の子風の中

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   朦朧体
   遠いつて懐かしいこと天の川
   天の川どこかに母のやうな匂ひ
   俺だつて抱かれてみたい天の川

 野間しげる  踊
   自転車で来てすぐ踊太鼓打つ
   踊の輪妻いつのまに入りしか
   ミロを見て新涼の坂下りけり

 安江利子   星月夜
   励ましのつもりが涙水見舞
   天突きて太鼓打ち終ふ秋祭
   初秋の水もみくちやに手を洗ふ

 山口美智   神の旅
   ひぐらしや左官は足場組み終はり
   流れ来し土砂を片寄せ盆の川
   レシートに連なる数字秋暑し

天穹俳句会 風悠同人

 屋内修一   壺中の蛸
   現し世へ壺中の蛸が足伸ばす
   文月や贋端渓も吾が四宝
   父母の汗拭ふかに墓洗ふ

 籠田幸鳴   秋立つ
   秋立つや金婚式の貴腐ワイン
   釣竿を乾拭きするや処暑の朝
   シャリシャリと銀のナイフに梨の皮

天穹俳句会 風尚同人

 気に掛かるすみ女の窓や鬼やんま   立道すみ女
 百の音を競はせ風鈴売り無口     米田由美子
 野分中百均傘の毀れやう       村井郁子
 水害に遭ひしこと告げ墓洗ふ     加納千女
 アンテナショップの故郷の西瓜家苞に 前田勝洋

天穹俳句会 風韻同人

 大皿に盛られ西瓜の赤尖る      高橋ゆうじ
 新涼や見れば埋めたくなるパズル   篠崎豊美
 エトランゼとなりし母郷や竹の春   鈴木優子

天穹俳句会 風霜同人

 檀家減るてふ俗世の話盆の僧     浜崎かづき
 楽焼の壺に貫入今日の月       さいとう酔夢
 店頭に龍のスカジャン鷹渡る     前川尚子

天穹俳句会 心にひびく1句

 湧水に映る夏帽夫若し         堂ノ本芳江
 選者:風悠作家            山口美智

 子福者の暮らし慎まし梅筵       鈴木優子
 選者:9月号「風尚」巻頭作家     米田由美子

 涼風や作詩みすゞとある楽譜      牧野勤
 選者:9月号「風韻」巻頭作家     藤井祐喜

 仕舞湯の窓開け放ち夏の月       春木啓子
 選者:9月号「風霜」巻頭作家     さいとう酔夢