俳句会|天穹誌作品|天穹俳句会

活動状況

平成31年1月


天穹俳句会 主宰詠


  駒沢オリンピック公園 四句
 走路蹴る靴の先より秋の声
 記念樹や木の実も宇宙旅する世
 秋天へ井桁組み上げ記念塔
 ばつた跳ぶばつたには無き土踏まず
 山粧ふはじめは櫨の一枝より
 信楽の狸の笠に小鳥来る
 平成の終のかがやき今年米
 添水鳴り李社の目覚むる詩仙堂
  裏磐梯・会津 七句
 比翼句碑総出で浄め秋惜しむ
 五色沼にひと色添ふる夕紅葉
 大内宿端山に朝の霧湧けり
 走り蕎麦萱葺民家軒連ね
 コスモスや水音高き旧宿場
 奇岩林立松を交ふる渓紅葉
 吊橋や紅葉かつ散る瀞の面

天穹俳句会 風悠同人

 福田龍青   海豹めきて
   むくみ全身海豹めくや行く秋を
   ゆく秋やアザラシ顔に病み呆けて
   滞る下肢の血流秋日薄

 野間しげる  帰り花
   干柿の粉を吹ききついことを言ふ
   厨より何打つ音かそぞろ寒
   橋多き松江の秋を惜しみけり

 安江利子   ななかまど
   バス停まるたび朝寒の顔乗り来
   木犀の残り香を抜け句会場
   重き雲北へ押しやる七竈

 山口美智   深秋
   露踏んで境界の杭確かめる
   深秋や眉寄せてみる被爆絵図
   すすき原ぬけて幽霊ごこちかな

天穹俳句会 風悠同人

 屋内修一   時雨
   吊し柿信濃の風が粉を運ぶ
   野の巨岩それが自得碑秋高し
   鬼房の話も肴秋鰹

 籠田幸鳴   秋麗
   静寂の句読点なる添水かな
   新蕎麦や卓は輪切りの大欅
   馬肥ゆや縁齧られし飼葉桶

天穹俳句会 風尚同人

 巨岩句碑は祖師の大きさ秋澄めり   福井まさ子
 こけし挽く勿来の秋を惜しみけり   渡辺信光
 句碑洗ふあぶれ蚊の声払ひつつ    村井郁子
 今日よりは親族となる菊日和     山口ひろ女
 冬麗や控へ気味なる人の所作     宮﨑茂子

天穹俳句会 風韻同人

 蓑虫の蓑干したくて動き出す     阿部栄子
 道の駅の棚の品薄秋惜しむ      佐藤俊童
 萩晴や搦手を行くブラタモリ     高橋ゆうじ

天穹俳句会 風霜同人

 信玄は床几はみ出し菊人形      田中国太郎
 長き夜やスマホ灯りにナースコール  鴨川瑞音
 広島も桜紅葉もカープ色       高垣わこ

天穹俳句会 心にひびく1句

 箸立に箸がぎつしり終戦日       上山本一興
 選者:風悠作家            安江利子

 どつどどど又三郎来台風来       荒木洋子
 選者:11月号「風尚」巻頭作家    立道すみ女

 西瓜運ぶ後部座席の窪みにて      鈴木霞童
 選者:11月号「風韻」巻頭作家    高橋ゆうじ

 秋袷鏡の中の母に逢ふ         川畑薫
 選者:11月号「風霜」巻頭作家    浜崎かづき